<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

写真展初日を迎えました*

::::::::::::::::::::::::::::::
written by photops ami
::::::::::::::::::::::::::::::



ついに始まりました!
千代田写真部の4回目の写真展、
名古屋×陸前高田「今日が『写ルンです』〜わたしをつくる31枚〜」PART4.写真展。

オープン直前までバタバタしていましたが、何とか無事にこの日を迎えることが出来ました。



最初のお客様は写真展に参加してくれた仲良しの仲間です!
陸前高田の方のお写真を日記を見ながらじっくり観てくれました。



ステキなお写真が本当にいっぱいです!
みんなで話しながら写真を観ることが出来てとても嬉しいです。



こちらは名古屋の方のお写真のコーナー。
その枚数に皆さん圧倒されていました。こっちも楽しいお写真がいっぱい!

いつもの写真展より多くの方が初日から来てくださいました。
本当にありがとうございます!

いろんな感想が聞けて、本当にこの活動を続けてきて良かったな・・・と
思っています。これから約1ヶ月、ルリエで写真展は続きます。
観るたびに何かを見つけて貰えたら嬉しいです。

平日は15時〜19時までの営業になりますが、休日よりゆっくり観ていただけると思います。
じっくりお写真をご覧くださいね。

また、今回は写真展に参加してくださった方にお手紙を書くのも用意しています。
ぜひ、みなさんにお手紙を書いてくださいね。今日も沢山の方が書いてくださいました。


 

名古屋×陸前高田
「今日が『写ルンです』〜わたしをつくる31枚〜」PART4. 写真展

2013年1月1日〜31日までの一ヶ月間を「写ルンです」を使って記録しました。

テーマは『わたしをつくる大切な「もの」「こと」「ひと」』
そしてルールは「撮影は1日1カットのみ」

自分にとって、ささやかだけれど大切な一枚が明日の「わたし」をつくります。

名古屋と陸前高田で参加してくださった49名の人たちのお写真を
ルリエにて展示いたします。(無料でご覧いただけます。)

開催場所:
Relier(ルリエ)

住所 名古屋市中区千代田3-6-19  TEL:090-6365-4655
(Relierまでの道のり 
http://cyd-s.jugem.jp/?eid=323

*展示期間* 3月10日(日)〜4月14日(日) 水曜定休

※名古屋の方の展示は3月10日〜29日までの前半、
3月30日〜4月14日までの後半で展示が分かれています。ご了承ください。

*展示時間* 平日 15時〜19時 土・日・祝 11時〜19時


写真展の展示期間中、陸前高田・未来商店街、桜ライン311への
寄付を集めています。ご協力いただけると嬉しいです。


<お問い合わせ先>
・フォトップス 
photops@net-sanyo.com TEL:052-323-3456
・ルリエ     relierami@gmail.com  TEL:090-6365-4655

写真展開催中です*
本日3/11もルリエでは写真展を開催しています*

名古屋と陸前高田の人たちが写ルンですで撮った1ヶ月の記録です。

今日という日に感謝して。

千代田写真部×Candelalia(カンデラリア) 被災地支援トークイベント 後編

::::::::::::::::::::::::::::::
written by photops ami
::::::::::::::::::::::::::::::



キャンドルアーティストのMasaqiさんによるCandelaliaのキャンドルの
光りにつつまれたルリエでトークイベントがスタートしました。

千代田写真部とCandelaliaの初コラボ企画です。

今回の企画は陸前高田に3回行ったフォトップス・amiと、これから行くルリエのami,
そしてボランティア活動で宮城県七ヶ浜町に足を運んでいるMasaqiさんと
「これからの自分達に出来る支援ってなんだろう?」
と言うところから話しがスタートして生まれたトークイベントです。



まずはルリエのamiが今の自分に出来ることをお話ししました。

現在ルリエでは絵本
「スイミー」の1シーンをみんなで刺繍しよう!と言う企画を
やっています。

小さなお魚を一匹づつ、みなさんに刺繍していただいています。
この刺繍をひとつすると参加費の一部が陸前高田に寄付されることになっています。

楽しいこともしながらも支援することは、持続可能な支援の仕方だと私たちは思っています。
きっかけはどんなことでも良いから、いろんな問題に目を向けられるといいな。
そんな風にいつも話しているのです。

また、震災後は被災地の映像を見たりするのもダメだったルリエのamiが
5月には陸前高田に行く予定です。その心境の変化もお話ししました。




フォトップスのamiは現在の陸前高田の様子を写真で紹介しました。
2012年の12月から3回ほど行きましたが、行くたびに状況が変わっています。

前半はみなさんもテレビなどで目にされたことがあると思いますが、津波の被害で
壊れてしまった建物などの写真も紹介しました。

陸前高田市役所は自分も最初に行った場所ですが、今年の2月に入ってから
解体作業が進んで今はもうありません。

津波の傷跡が残る建物を見るのは、そこで暮す人にとってはとても辛いと思います。
だけど、自分はこの風景を見ておいて良かったと思いました。

あれだけの被害があった中で、今を生きている人たちがいる。
それを実際に自分の目で見たことで、その後の自分の活動の想いが深くなりました。



後半は陸前高田で出会った人たちの紹介をしました。

行くまでは頭の中で「被災地の人に会う。」と、思って過ごしていました。

けれど今は「被災地の人。」と言うことだけでなく、個人個人の人たちに
会いに行っているんだ!と思うようになりました。

知っている人が困っていたら、助けたい。何かしたい。
そんな気持ちで今は過ごしています。

陸前高田で出会った人たちは本当に優しくて強くて魅力的な人たちが多いです。
これから開催する写真展を通しても、「顔が見える」と言うことで陸前高田の人たちに
出会って欲しいな、と思っています。



CandelaliaのMasaqiさんは震災後にボランティア活動で宮城県七ヶ
浜町に
行って感じたことをお話ししてくれました。

被災地の人たちは、支援されることだけを望んでいるわけじゃない。
そう思ったきっかけになったお話は本当に大切なことだと思いました。

どんな状況であっても、誰かに必要とされたり誰かの役に立てることは人としての喜びです。
それは被災されて大変な状況の中にいる人たちもそうなんだ、と感じることは
実際に足を運んで現地の人と触れ合わなくてはわからないことだと思います。

そして、Masaqiさんはキャンドルを通して震災を忘れない。
と言うことを活動を続ける中で大切にしているとお話ししてくれました。



そして、最後はスペシャルゲストです!!
Masaqiさんのご紹介で名古屋市の職員として、現在陸前高田でお仕事されている
西尾健人さんがルリエに来て下さいました!!本当に嬉しかったです。

西尾さんは昨日放送の
スタイルプラスと言うテレビ番組でも陸前高田でのお仕事の様子を
取材されていた方です。ご覧になった方もいますよね?

現在、西尾さんは商工観光課というところでお仕事されています。
実際に行政がどんな支援をしているのか?と言うこともお話ししてくれました。

私(フォトップス・ami)が陸前高田に行くと、みなさんに「名古屋の人たちにはお世話に
なっています。」と感謝されました。そのことに最初はビックリしたのですが、
その名古屋市のまるごと支援は、まさに西尾さんが関わっていることなのです!




たまに陸前高田に行く私と、実際に住んでいる西尾さんでは見えているものが
全然違います。そして、直接陸前高田の町づくりに取り組んでいる西尾さんのお話は
本当に貴重でした。

そして、こんな自然の風景の写真も紹介してくれましたよ。
陸前高田の素晴らしい景色は失われてしまった部分も大きいですが、
普段から動物に会ったりすることは多いそうです。

貴重なお話しとお写真に自分が一番興味津々だったかもしれません。

西尾さん、本当にお忙しい中ありがとうございました!!



最後は記念撮影。30歳から34歳です。

約1ヶ月間しか準備&告知期間がなくて、正直不安も大きかったのですが無事に
イベントを開催することが出来ました。来てくださった方、ご協力いただいた方、
本当にありがとうございました。

今後も一年に一度くらいは、こうしたイベントを開催したいです。
そして、今回イベントに参加された方の参加費からお一人500円づつが
陸前高田の
未来商店街桜ライン311に寄付されます。ありがとうございました。



今週の10日、日曜からはいよいよ写真展がスタートします。
名古屋の人たち、陸前高田の人たちと一緒に作る写真展です。
そして、3月11日を迎えます。

被災地の復興はまだまだ本当にこれからです。
これからもわたしたちに出来ることは本当にあります。

いろんな人たちとつながって、これからもみんなで支援していきたいと思っています。

フォトップス・ami

千代田写真部×Candelalia(カンデラリア) 被災地支援トークイベント 前編

::::::::::::::::::::::::::::::
written by photops ami
::::::::::::::::::::::::::::::

 

昨日3月3日はルリエにて被災地支援トークイベントを開催しました。
千代田写真部とキャンドルアーティスト
MasaqiさんによるCandelaliaの初コラボ企画!

↑と、言う訳で今回特別にこんなの作っちゃいました。



来てくださったお客様にお渡しするCandelaliaのキャンドルをこんな感じで
ラッピングしてお渡ししました。

ご自宅でもキャンドルの火を灯していただけるようMasaqiさんが
今回特別に作ってくれたキャンドルが入っています。



会場のルリエも昨日はいつもとは違う雰囲気に。
大小様々なデザインの白いキャンドルが店内に置かれました。

すっごく大きいキャンドルも!わたしの胸の高さくらいまでありましたよ。



17時前、Masaqiさんがキャンドルに火を灯し始めました。
お店の外はカラフルなキャンドル。火を灯さなくてもすごくカワイイです。



昨日は風が強かったので、何度も火をつけました。
最近陽が長くなったので、イベントがスタートする17時頃はまだ少し明るかったのですが・・。



それが、暗くなるとこんな感じに!!
すごく幻想的でキレイです。

ルリエの中も外もキャンドルの暖かい光りにつつまれたところで、
いよいよトークイベントがスタートします。

CBCテレビ「一日一枚 テレビが伝えない被災地の今」放送決定!

::::::::::::::::::::::::::::::
written by photops ami
::::::::::::::::::::::::::::::



昨年の11月に立ち上げた千代田写真部の「被災地と写真でつながろうプロジェクト」。

その中のメインの企画が3月10日(日)からスタートする名古屋と陸前高田の人たちで
開催する「今日が『写ルンです』〜わたしをつくる31枚〜」PART4.写真展です。

プロジェクトを立ち上げた昨年の11月から、今回の写真展を開催するまでを
実はテレビに密着取材されていました。

震災後に陸前高田の様子をずっと追ってきたテレビ局のスタッフの方たちです。

自分達の活動が密着されるというのは、もちろんそれなりの覚悟がいる決断でしたが
「震災を風化させたくない。」と言う同じ想いのもとに、一緒に行動を共にしてきました。

今回の写真展開催においては、同じ千代田写真部の仲間だと思っているぐらい
テレビ局のスタッフの方たちも大切な存在です。



陸前高田の方たちは本当に優しく、いろんな事をお話ししてくださいました。
思い返したくないことも沢山あるだろうと思います。

それでも、やはり「震災を忘れて欲しくない。」

そんな想いから、私たちに震災のことを伝えてくれました。
私たちは写真展で、その想いをを名古屋の方たちに伝えたいと思います。

 

私が初めて行った2012年12月8日から2013年2月24日まで。
たった3ヶ月くらいの間にも新しい建物ができたり、また今まで残っていた建物が
無くなってしまったりしました。

刻一刻と変わる陸前高田の風景もたくさん見られると思います。
ぜひ一人でも多くの方に、写真展と合わせて見て頂きたい番組です。

昨日番組ホームページが出来ました。
放送はCBCが観られる東海地方に限りますが、ぜひご覧下さいね。

フォトップス・ami


CBCテレビ 「一日一枚 〜テレビが伝えない 被災地の今〜」

2013年3月31日(日)深夜1時15分〜2時10分 放送

番組HP 
http://hicbc.com/tv/1day_1photo/



<お問い合わせ先>
・フォトップス 
photops@net-sanyo.com TEL:052-323-3456
・ルリエ     relierami@gmail.com  TEL:090-6365-4655

「千代田写真部×Candelalia 東日本大震災復興トークイベント 〜会いたい人がここにいる」
昨日「千代田写真部×Candelalia 東日本大震災復興トークイベント 〜会いたい人がここにいる」に来ていただいたみなさま、ありがとうございました*



陸前高田に行ったフォトップス店長のあみさんはその時撮った写真を見ながら、陸前高田に住んでいる人の魅力や支援に対する考えをお話してくれました。



キャンドルアーティストMasaqiさんは当日のお店のデコレーションをしてもらい、あたたかいキャンドルの光でアットホームな雰囲気をつくってくれました。
被災地の人も支援されるだけではなく、応えたいと思っているという話ははじめて聞いた人も多かったと思います。

わざわざ陸前高田市から来てくれた西尾さんは名古屋から派遣で陸前高田市で働いていて、現地でのリアルな話はとても興味深かったです。
名古屋と陸前高田をつないでいる方のお話が直接聞けて、本当に感謝しています。

わたしはこれから陸前高田に行くのですが、初めは気持ちの整理がつかず行く気持ちになれなかったのですが、それがどうゆうふうに変わっていったのか。それから、今やっているスイミー募金のお話を少しさせていただきました。



今回も約15名の方に聞いていただきましたが、もっとたくさんの人に知ってもらえたらいいなと思っています。

募金をするだけではない新しい形の支援がはじまっています。

現地に行き、そこで生活する人たちとお話をしたり、得意分野を活かしながら、たのしみながら、遠く離れていてもできる支援・・いろいろな形があるけれど、みんなが3/11のことを忘れない気持ちがたいせつなのだと思います。


Candelaliaの寄付つきキャンドルは5こ限定で引き続きルリエで販売いたします*
1こ600円です。



ラッピングもこの日と同じおうちの形のものになります。
プレゼントにもおすすめです*



少ないのでお早めにどうぞ*
3/3(日)はルリエでトークショー

::::::::::::::::::::::::::::::
written by photops ami
::::::::::::::::::::::::::::::

3月3日(日)に千代田写真部と一緒にイベントをやってくださるCandelaliaの
Masaqiさんから当日お客様にプレゼントするキャンドルをサンプルで頂きました♪

さっそくおウチで火を灯してみました。



心やすらぐ、温かい光りを感じられます。
Masaqiさん、ありがとうございました!

今週末の土、日はフォトップスのamiが3度目の陸前高田に行ってきます。



陸前高田市役所を含め、建物の解体が進んでいるようです。

もうすぐ震災から2年。
それでも、まだまだ町は津波によって壊されてしまった風景が広がっています。



被災地のことは明るい話題の方が報道される機会も多いですが、
もちろんそれだけではありません。

まだまだ、やっとこれから。
そんな風に被災地の方達は思っています。

そんな被災地の方達に、少しでも良いから自分達にも出来る事は無いか・・・
陸前高田に行くたびにそう強く思います。

遠く離れている場所ですが、人が本当に魅力的な町です。
自分はそんな人たちに会いたくて、足を運んでいると思っています。



フォトップスのamiが昨年12月から撮った陸前高田の写真をみなさんにご紹介しながら
現地に行って感じたこと、これから自分達に何が出来るのか考えたことをお話しします。

また当日一緒にイベントを開催してくださるMasaqiさんも震災後にボランティアで
宮城県七ヶ
浜町を支援活動で訪れています。Masaqiさんが見た被災地の様子も
お話ししていただきます。

ルリエのamiは今後被災地に行く予定ですが、そう決断するまでにいろいろ迷いもありました。
行動に移すことは勇気がいることですが、心境の変化や今回の企画を通して感じたことなど
お話しさせていただきます。




写真を通じて生まれたつながりを今後も大切にしたくて企画したイベントです。
みなさまのご参加、心よりお待ちしています。


千代田写真部×Candelalia(カンデラリア)
 『東日本大震災復興トークイベント 〜会いたい人が、ここにいる〜』


<日時>3月3日(日)
受付開始 16:30  イベント開始 17:00(2時間程の予定です)

<開催場所>ハンドメイド雑貨店
Relier(ルリエ) 

住所 名古屋市中区千代田3-6-19  TEL:090-6365-4655
(Relierまでの道のり
http://cyd-s.jugem.jp/?eid=21

<定員>15名

<料金>お一人様 1,500円
(Candelaliaのキャンドルを1つプレゼントいたします。)

また参加費の一部は陸前高田の未来商店街・桜ライン311に寄付されます。)
・未来商店街  
http://mirai-shotengai.jp/
・桜ライン311  http://www.sakura-line311.org/

※予約制になります。ご連絡をお待ちしています。

<ご予約・お問い合わせ先>

・フォトップス
photops@net-sanyo.com TEL:052-323-3456

・Relier(ルリエ)
relierami@gmail.com TEL:090-6365-4655




<出演者情報>
Candelalia(カンデラリア)

2008年ハンドメイドのキャンドルに影響を受けキャン
ドル制作を始め、
3.11のボランティア活動で様々な人
との出会いをきっかけに2012年活動を開始。
名古屋を
中心にイベントなどでキャンドルを灯して活動中。

ブログ 
http://candelalia.exblog.jp/

千代田写真部オリジナル「写ルンです」が完成しました!

::::::::::::::::::::::::::::::::
written by photops ami
::::::::::::::::::::::::::::::::

 

千代田写真部のオリジナル「写ルンです」を単体で販売することになりました!
種類は全部で4つ。今までに人気のあった柄の2種類と、新しいデザイン2種類です☆

柄はまた次回、全て紹介しますね!
めちゃくちゃかわいくて、自分達が欲しい!!カメラになりましたー♪




写ルンです一個と、写ルンですを使ってできるいろんな撮り方を説明した
「写ルンですフォトレシピ」。

写真をましかくにプリントした際に写真を貼れる台紙も作りました!
ポラロイド風に見えるデザインです。

このままハガキとして使ったり、お部屋に飾ったり出来ますよ♪

そして・・・



カラーセロファン2枚も入っています。
こんな感じでレンズに付けて撮影すると・・・

それは使ってのお楽しみ!です☆

以上がセットになった千代田写真部のオリジナル「写ルンです」はこんな感じで
お渡しします。このままプレゼントにもなりますよ!




また、料金のうち500円が陸前高田に寄付されます。

普通の「写ルンです」を購入するより少しお高いですが、楽しく撮影出来て
寄付も出来てしまいます!

フォトップスとルリエにて来週から発売スタート!
ぜひ店頭で実物を見てみてくださいね☆


*千代田写真部オリジナル「写ルンです」(寄付付き!)*

1セット 1,200円
(写ルンです27枚撮り1個、フォトレシピ、台紙、セロファン2枚付き)

※料金のうち、500円が陸前高田の未来商店街、桜ライン311に寄付されます。

・未来商店街  
http://mirai-shotengai.jp/
・桜ライン311  http://www.sakura-line311.org/



<販売・お問い合わせ先>

・フォトップス
photops@net-sanyo.com TEL:052-323-3456

・Relier(ルリエ)
relierami@gmail.com TEL:090-6365-4655

3月3日(日)千代田写真部×Candelaliaのイベントを開催します。
::::::::::::::::::::
written by photops ami
::::::::::::::::::::

いよいよ来月から「今日が『写ルンです』 〜わたしをつくる31枚〜」PART.4写真展が
ルリエにて開催されます。

今回は名古屋の方だけでなく、陸前高田の方にも参加していただいた特別な写真展になります。
現在フォトップスで参加してくださった方たちのお写真をプリント作業中です☆

3月10日(日)からスタートする写真展に合わせ、3月3日(日)にイベントを開催することが
決まりました。

ステキなキャンドル・アーティストMasaqi(マサキ)さんと千代田写真部が
初めてコラボする企画です。



MasaqiさんはCandelalia(カンデラリア)と言うブランド名でキャンドルを製作されています。

2008年ハンドメイドのキャンドルに影響を受けキャンドル制作を始め、
3.11のボランティア活動で様々な人との出会いをきっかけに2012年活動を開始。
名古屋を中心にイベントなどでキャンドルを灯して活動されています。

今回のイベントでは、フォトップス・amiが陸前高田で撮った写真を皆さんにご紹介しながら
いろいろお話ししようと考えています。

Masaqiさんも震災後に被災地でボランティア活動をされました。
被災地で感じたことや、これから自分たちに何が出来るのか・・と言うお話を
フォトップス・amiとMasaqiさんでお伝えできればと思っています。

Masaqiさんには当日のルリエをキャンドルで演出していただき、このイベントに参加して
くださった方にはCandelaliaのキャンドルもプレゼントいたします。


__0042.jpg

おウチでも温かいキャンドルの明かりを灯してくださいね。

イベントの正式なタイトルを現在考え中です・・・
でも、どうしても企画の発表だけでも早くしたくて、先走って(?)告知しております。

3月3日(日)夕方(17時くらいを予定しています)、
ルリエにて開催いたします。
お一人様、参加費が1,500円になります。
(Candelaliaのキャンドルを1つプレゼントいたします。
また参加費の一部は陸前高田の
未来商店街桜ライン311に寄付されます。)




*MasaqiさんによるCandelaliaのブログ 
http://candelalia.exblog.jp/




今の被災地で生活している人のことをもっと知りたい・・・
被災地のために今の自分の出来ることって何だろう・・・


私たちも陸前高田とつながりを持てた中で日々そんなことを考えています。
明確な答えは出すのが難しいですが、みなさんと一緒に
何かを考えるきっかけになれば良いと思っています。


フォトップス&ルリエ ami


※予約制になりますので、ご連絡をお待ちしています。


<ご予約・お問い合わせ先>
・フォトップス 
photops@net-sanyo.com TEL:            052-323-3456      
・ルリエ     relierami@gmail.com  TEL:

みんなでスイミー刺しゅうをしましょう*
3月10日(日)からの「今日が『写るんです』〜わたしをつくる31枚〜」PART4.写真展
開催に合わせて、千代田写真部では東日本大震災の被災地支援企画を
いくつか計画しています。

今回の「被災地と写真でつながろう」プロジェクトで縁のあった陸前高田を中心にした
支援企画ではフォトップスからは写真で支援を。ルリエからは手芸で支援をしていきます。

大きなお金を私たちが寄付することは難しいのですが、みんなが楽しみながら
支援出来る企画を考えました。皆様のご参加をお待ちしています!

と、言う訳で今日はルリエの企画をご紹介しますね。

世界中で愛されている絵本「スイミー」の1シーンをみんなで刺繍しよう♪と言う企画です。

スイミーはレオ・レオニさんのお魚が主人公のお話です。
絵も版画でとても美しい絵本です。



その中で1番有名なシーンがこちら



仲間のなかで1匹だけ黒いスイミーが目になって、赤いお魚たちとおおきな魚になって、
海を冒険するシーンです。このシーンをみんなで刺しゅうします。

この布はルリエにおいてくれている染め物作家さんのMASHさんにスイミーの海の色で
オーダーして作ってもらった布です。すごくきれいな青なのです。



ルリエのamiが最初のスイミーを刺しゅうさせていただきました。
大きな魚の目になる部分です。



そして、この魚の形に合わせて、赤い魚をみなさんに刺しゅうしていただきます。

その刺しゅうの下書き用につくったのが、魚の消しゴムハンコです。



これをチャコのように消えるインクパッドでスタンプするとこんな感じに・・
(サンプルでリネンの布に押しています。)



このイラストに沿って刺しゅうをしていきます。



これで完成です。



実はこのお魚の刺しゅうは4つのステッチが勉強できるかしこいお魚なんです。
これができるようになるとお魚以外のいろいろな刺しゅうができるようになりますよ!

さぁ、みんなで刺しゅうをしてスイミーを完成しましょう!





みんなの力を合わせてチクチクチク・・・



ひとりひとりは小さいけれど、みんなの力を合わせて大きな魚にも負けない強い
魚になれたらいいな♪スイミーたちは、まだ知らない楽しい世界を目指します!



現在、このような感じです。
まだまだ皆さんのお力が必要☆お魚がいっぱいになるまで続けますので、ぜひご参加ください。
男性の方でももちろんOKですよ!
すでに参加してくれている男性の方もいます!

こちらの企画はもうスタートしていますので、皆さまのご参加心よりお待ちしています!


*「みんなでスイミーを作ろう!」 ルリエ・amiのスイミー刺しゅう教室*

所要時間:1時間半〜2時間くらい
料金:1000円

(うち200円は
陸前高田・未来商店街桜ライン311に寄付されます)

手ぶらでご参加いただけます!

予約していただけるとありがたいです。


<ご予約・お問い合わせ先>
・ルリエ relierami@gmail.com     TEL:            090-6365-4655